家族滞在とは

「家族滞在」の在留資格は、入管法に規定される就労系の在留資格ももって日本に在留する外国人が、扶養家族を日本に受け入れるための制度です。

最も重要な点は、扶養者たる日本に在留する外国人がどの程度の収入を得ているか、ということです。家族を扶養できる程度の経済的な裏付けを持っていることについて、十分に立証する必要があります。

また、就労系の在留資格をもって在留する外国人の配偶者の連れ子については、養子縁組して「家族滞在」の在留資格認定証明書の交付を受けるという方法のほか、親族訪問目的の「短期滞在」の在留資格で連れ子を上陸させた後、「短期滞在」から「特定活動」(告示外特定活動)への在留資格変更許可申請を行う方法があります。→ 詳しくは「特定活動」へ