「短期滞在」ビザとは

「短期滞在」ビザの活動内容について、「本邦に短期間滞在して行う観光、保養、スポーツ、親族訪問、見学、講習又は会合への参加、業務連絡その他これらに類似する活動」と入管法別表第1の3に規定があります。

例えば「留学生が休暇中に家族を日本に呼びたい。」「出産の為本国から両親を招聘したい。」「日本で開業準備をしたい。」等があります。このように、短期滞在ビザは、目的によって招聘理由が異なります。また、短期滞在ビザの期間も、15日、30日、90日と目的、必要性等によって決せられます。
通常のビザと短期滞在ビザの違いは、就労が認められない事、管轄が法務省ではなく外務省である事、不許可時に再申請をするためには6か月の期間を経過している事、短期滞在ビザの在留資格認定証明書の交付はされない事など様々な違いがあります。