日本人の配偶者等とは

1、日本人の配偶者等の意義

日本人と法律上の婚姻をした外国人は、身分法上日本人の配偶者であり、「日本人の配偶者等」の在留資格を取得しえます。日本人の配偶者とは、現在に婚姻中の者をいい、相手方配偶者と離婚した者、相手方配偶者と死別した者は含まれません。同棲をしていても婚姻届出をしていない内縁状態の者は含まれません。

2、「日本人の配偶者等」の在留資格該当性

法律上の婚姻が成立していても、同居し互いに協力し扶助し合って社会通念上の夫婦の共同生活を営むという婚姻の実態を伴っていない場合には、原則として、日本人の配偶者としての活動を行うものとはいえず、「日本人の配偶者等」の在留資格該当性は認められません。入国・在留審査要領では、社会通念上の夫婦の共同生活を営むといえるためには、特別の理由が無い限り、同居して生活していることを要するとしています。