「技能」ビザとは

ここでは、技能ビザの中でも特に多い、外国人のコック・調理師のビザについて説明します。中国人の中華調理師とか、韓国料理、タイ料理、インド料理などの外国人調理師です。この場合の就労ビザは、「技能ビザ」といいます。外国人が日本で調理師として働くための就労ビザです。

技能ビザは、「熟練した技能がある」ことが条件となります。ポイントは次の3つです。

外国人本人に10年以上の実務経験があること

調理師としての実務経験を証明できる在職証明書などで証明します。実務経験については、本当なのかどうか、その店は実在しているのかについて、入国管理局はしっかり調査しています。外国料理人は、10年以上の実務経験が必要です。ただし、タイ料理人に関してだけは、5年以上の実務経験でよいという決まりがあります。

技能ビザは、学歴では無く、職歴を基準として許可を出します。実は、在職証明書の偽造が多く、入国管理局はかなり詳細な調査をしています

特に、外国人料理人を海外から招へいする場合を考えてみます。日本と海外でテレビ電話を通して面接をして採用に至った場合や、人材紹介エージェントから紹介してもらった場合に、実は実務経験が10年に満たない人材でも、偽造の在職証明書を送ってきて、それを受入企業も知らずに入国管理局に提出し不許可になっている、というようなことがよくありますので、十分ご注意いただきたいと思います。

またその事業所において、外国人調理師の離職が多い場合には、事業の継続性や安定性に疑義がもたれる可能性があります。現在の従業員の在留資格や人数の確認だけでなく、少なくとも過去1年間程度の退職者数なども考慮して、熟練労働者を招へいするにふさわしい事業者かどうか判断されることになります。

外国料理の専門店であること

お店についてですが、「外国において考案され、わが国において特殊なものについて営業する専門店」が技能ビザの対象となります。外国料理のメニューには、単品料理もあり、さらにコースメニューもあることが必要です。外国料理の専門店で、日本人に作れなさそうな外国料理を提供する料理店で料理をつくる外国人調理師に対して許可される就労ビザが、「技能ビザ」です。

座席数が一定規模あること

あまりにも小さい店舗では、ビザ取得は難しくなります。例えば、座席が3つしか無いというお店では難しい、という意味です。しかし、座席(椅子)で20~30席程度あれば基準をクリアできます。

実務経験年数の数え方

外国人調理師の「技能ビザ」を取得するためには、原則10年以上の実務経験が必要になります。この「10年以上の実務経験」の考え方について質問を受けることがありますが、入国管理局も審査基準では、「料理の調理または食品の製造にかかる技能で、外国において考案され、わが国において特殊なものについて10年以上の実務経験(外国の教育機関において当該料理の調理または食品の製造にかかる科目を先行した期間を含む)を有する者で、当該技能を要する業務に従事する者」となっています。したがって、実際の実務経験にプラスして、専門学校などで料理について学んでいたのであれば、学生の期間も合算して計算できます

※注意点は、10年以上の実務経験という基準は、1~2カ月不足していても不許可となりますので、正確に満10年以上が必要であると考えてください。

領事館でのビザ不許可

外国人調理師を海外から招へいする場合に、外国人調理師の採用が決まり、書類を準備して日本の入国管理局へ「在留資格認定証明書交付申請」をし、無事許可になったと仮定します。そして、認定証明書を現地へ郵送し、本人が現地の日本領事館へビザ発給申請をすることになります。

しかしまれに、日本領事館で不許可になるケースがあります。日本の入国管理局が許可をしているにも関わらず、領事館で不許可となる場合があるのです。領事館は外務省の管轄であるため、残念ながら拒否の理由は一切公表してもらえません。おそらく現地での審査の過程で、現地でしか分からない理由が判明したものだと考えられます。そして、領事館で拒否された場合は、日本の入国管理局へ再申請をしてもほとんどが不許可となります。技能ビザにあたっては、他の就労ビザに比べて領事館での不許可ケースが比較的多くなっています。

 

お気軽にお問い合わせください。086-236-8560営業時間 10:00-17:00 [土日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。