Q : 当社は本社が海外にある在日外資企業です。この度、本社の別の子会社(海外所在)から業務上の都合のため、人員を派遣してもらい、当社で勤務させたいのですが、どのような手続きを行えばよいでしょうか。

A:本問のような子会社間の異動は、親会社と一体性を有するものとして、在留資格「企業内転勤」の対象となります。在留資格「企業内転勤」とは、日本に本店、支店その他の事業所のある公私の機関の外国にある事業所の職員が、日本にある事業所に期間を定めて転勤して当該事務所において行う在留資格「技術・人文知識・国際業務」に該当する活動をいいます。 詳しくは「企業内転勤」ビザへ


 

Q : 技能実習生を受け入れたいのですが、どのような手続きが必要ですか。

A : 技能実習生を受け入れるには、現地の送り出し機関と提携している日本の管理団体に所属することが必要です。少し複雑な手続きになりますので、直接お会いしてご説明させていただきます。


 

Q : 日本でインド料理店を開店したいので、インド人コックを3人ほど雇用したいと思っています。インドから呼び寄せるつもりなのですが、どのような手続きをすればよいでしょうか。

A : 外国料理のコックに関しては、在留資格「技能」が該当します。インドから呼び寄せるコックに関しては、在留資格を取得するための基準である10年以上のインド料理のコックとしての経験が必要であり、それを信用力のある在職証明書などで証明することが必要です。

詳しくは「技能」ビザ


 

Q : 外国人社員から、「母国から家族を呼び寄せたい」と相談を受けました。どのような手続きが必要でしょうか。

A : 外国人社員が母国から家族を呼び寄せるときは、一般的には「家族滞在」というビザを使って呼び寄せる手続きをします。入国管理局への申請に当たっては、外国人社員の収入を証明するために、会社から発行しなければならない書類がいくつかありますので、会社側の協力も必要になります。→ 詳しくは「家族滞在」ビザへ

お気軽にお問い合わせください。086-236-8560営業時間 10:00-17:00 [土日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。