「企業内転勤」ビザとは

「企業内転勤ビザ」の対象となる外国人は、人事異動・転勤で日本に来る外国人社員です。企業内転勤ビザを取得するケースとしては、海外にある日本企業の支社から日本にある本社へ転勤するケースや、その逆に、海外にある外国企業の本社から日本にある支社に転勤するケースが考えられます。この「転勤」の考え方ですが、

①親会社・子会社間の異動

②本店・支店・営業所間の異動

③親会社・孫会社間の異動および子会社・孫会社間の異動

④子会社間の異動

⑤孫会社間の異動

⑥関連会社への異動

と幅広く認められています。「企業内転勤ビザ」ででできる職務内容の範囲は、「技術・人文知識・国際業務」で行うことのできる仕事範囲に限られますまた、企業内転勤は、他の就労ビザで要求される学歴や実務経験の要件がありません。学歴や実務経験の要件は無いのですが、もちろん、あったほうが有利に判断されるのは当然になります。

企業内転勤のポイントは1つのみ、「直近1年間に外国にある本店や支店で勤務していること」です。「技術・人文知識・国際業務」の活動と限定しているのは、専門的業務に限ることにより、低賃金労働者が「企業内転勤」を偽装して入国してくることを防ぐ趣旨だといわれています。

企業内転勤ビザの要件をもとめると次の2つです。

①申請にかかる転勤の直前に、外国にある本店、支店その他の事業所において1年以上継続して「技術・人文知識・国際業務」に当たる業務に従事していること。

②日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること。

この①と②の両方の要件を満たす必要があります。大卒の要件はありませんが、単純労働は認められません。

また、国際間で転勤である事を証明するために、正式な辞令などを書面で入国管理局に提出した上で、外国にある会社と日本にある会社に資本上どのような関係性があるかを書類で証明することが必要です。