留学生を雇用する際の注意点

こんにちは。「晴れの国」岡山の行政書士の高橋希実です。

先日、留学生事業に関わっている会社の方といろいろお話を伺いました。
最近は留学生がどんどん増加しているため、コンビニやスーパー、時には飲食店で勤務している外国人を頻繁に見かけるようになりましたね。

留学生は「資格外活動許可」を取ることで、「週28時間以内」の範囲で就労が可能です。
ただ、企業側に覚えておいてほしいこととして、留学生は「週28時間帯以内」しか就労を認められていないということです。学校が定める長期休暇(夏休み、冬休み、春休みなど)の間は、「1日8時間以内」の就労が可能です。
ただし、風俗営業若しくは店舗型風俗営業など(分かりやすく言うと、キャバクラ、パチンコ店等)で留学生が働くことは、そもそも禁止されています。

もしも企業側がそのことを知らずに留学生を雇用していたとしたら、留学生はもちろんのこと、企業側にも当然罰則が科されるので、ご注意下さい。

次回は、「資格外活動許可」の申請方法についてご説明致します。

Follow me